富士山を観る

Mt.FUJI

冬に来たなら必ず寄ってほしい
用宗で富士山を眺めるお勧めスポット
まずはバーチャルツアーで体験してみよう

しらす漁船と富士山が織りなす
港町ならではの風景
見晴らし山に上がると
富士山がひょっこり顔を出す
1.5kmにわたる海岸線の向こう側
そびえ立つ富士山
水軍城「持船城」の高台で
富士山を眺め歴史を感じる
山頂に広がる絶景に感動間違いなし
静岡の街も一望できる

用宗から眺める富士山の見頃と見どころ

富士山から見て南南西にあたる用宗からの眺めは、右稜線上に宝永山、雪化粧が左右対称、適度に距離が離れているせいか山肌がブルーで特に美しさが際立っている。富士山らしい富士山と言えるだろう。

富士山を眺めたり撮影したりするなら、空気が澄み晴天率の高い12月~2月(特に1月)をお勧めしたい。用宗ではそれ以外の季節は、見られる確率が低くなり、一部が雲に隠れてしまうか、うっすら山の稜線が見える程度か、夏頃にはほとんど見ることもできなくなる。

1日の中では朝が最も澄み渡り鮮明になり、夕暮れ時もまた格別で夕焼けに染まった幻想的な風景が広がる。

そして、冬の間は積雪の状況により毎日違った姿で現れ、季節の移り変わりを実感できる。初冠雪は例年10月頃だが、雪が降ったばかりの頃は風で飛ばされすぐに消えてしまったり、徐々に縞模様になったりしながら、冠雪の範囲が麓の方へ広がっていく。

美しい富士山に出合えるか出合えないかは運次第だが、冬に用宗を訪れた際には立ち寄ってみる価値のあるスポットである。