看板犬が出迎えるアットホームな空間。夫婦が営むカフェ&ゲストハウス。

泊まる/coffee&stay 桃屋

2019年3月にオープンした『coffee and stay 桃屋』。
桃屋の名前は看板犬である「モモ」から取ってつけられました。

桃屋外観
外観の建物はそのまま

築100年も経った古民家を改装し、1階はカフェ、2階段が宿泊施設になった観光客も、近隣の方も立ち寄れる店舗になっています。

桃屋店内
1階のカフェスペースはFreeWi-Fiも飛んでいます

運営しているのは、埼玉からやって来た後藤さん夫婦。昨年の夏に用宗を訪れた際、港に近い立地、歴史を感じる建物、庭の広さが備わった古民家に魅了されて用宗に移住されて来ました。

近所にいるおばあちゃんの家に遊びに来る感覚で気軽にお店に来て欲しい、と話す後藤さんたち。店内は柱や障子、畳などが残っておりとても穏やかな雰囲気です。

桃屋宿泊スペース
和の雰囲気がそのまま残されています

宿泊施設になっている2階には4人部屋(8畳)と、2人部屋(6畳)の2部屋用意されています。和の雰囲気が残るお部屋は外国人にも日本人にも人気がありそうです。 疲れを癒して欲しい、という思いを込めて作られたお部屋は心も身体も休まると思います。

桃屋宿泊スペース
今後、用宗の食材を使った商品も追加予定!

1階のカフェは、韓国出身の奥さんが作る手作りメニューが並びます。手書きで書かれた黒板のメニュー表には美味しそうな種類の洋菓子が書かれています。カフェのみの利用、またテイクアウトも可能なので、近所を歩いて来た時はぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

宿泊はairbnbから予約が行えます。遠方からでも、また近辺の方でも気になる方はぜひ一度宿泊してみてください。